モントレーと南房総のスペシャルな関係

100年ほど前から約30年間にわたって、千葉県南部の南房総から、多くのアワビダイバーたちが、太平洋を渡り、アメリカへ出稼ぎにいきました。行き先は、サンフランシスコの南、モントレー湾岸。多くのダイバーは南房総に戻って来ましたが、米国に永住し、その地に骨をうずめた人たちもいました。
e0093807_2325407.jpg
小谷源之助(写真)は、現在の白浜町根本出身。あわびダイバーに先駆けて1897年にカリフォルニアへ渡り、モントレー湾のアワビ漁の可能性を確信するや、南房総のダイバーたちを呼び寄せ、モントレー地区での日本人による潜水アワビ漁のパイオニアとなりました。アメリカ人の地主、A. M. アレンとのパートナーシップにより、アワビ漁およびアワビ加工業は成功をおさめました。彼は日本から妻と子供を呼び寄せ、現地でも多くの子供をもうけ、その半生をモントレーで終えました。

戦後、アワビダイバーの交流は途絶え、その歴史は人々の記憶から消滅しかけていましたが、まもなく、日米双方でこの興味深い歴史の一端を調べる研究者が現れました。千葉県館山市在住の大場俊雄氏は、1967年ごろから南房総とモントレーとの潜水夫交流に関して調査研究を続け、著書をはじめ数多くの研究論文を発表しています。その著書に刺激され、南房総でも地域史を調べる人たちが増えてきました。一方、水産資源豊かなカリフォルニア州モントレー地域には、古くから外国人が訪れたため、移民史研究がさかんでした。
1990年代半ば、両国研究者の交流が始まりました。そしてこの9月、南房総の館山市で、「虹の掛け橋」と題し、100年前に始まった日米の交流を再確認するイベントが、米国カリフォルニア州の歴史研究家、Sandy Lydon(サンディ・ライドン)氏と千葉県知事堂本暁子氏を迎えて行われたのです。
さらに、モントレー側では、来年4月にモントレーにおける日系あわびダイバーたちについてのシンポジウムが開催される予定です。オーシャンクイーン・プランニングでは、関係者の方々、興味のある方々とこのシンポジウムに参加できたらいいなあ、と検討しているところです。

モントレーを訪ねる旅

オーシャンクイーン・プランニングでは、来年のゴールデンウィークを利用して、モントレーを訪ねる旅を企画しています。単なる物見遊山ではありません。歴史を学び、人と出会い、交流し、中には血のつながった家族との再会となる方もいるはずです。
メインは、モントレーのマリタイム・ミュージアムを中心に行われる日系あわびダイバーについてのシンポジウムです。南房総から渡って行ったアワビダイバーたちについてのイベントです。主催者側では、日本、特に南房総からの関係者を含めた多くの方の来訪を強く望んでいます。
現時点での日程は、2006年4月27日に日本発、5月5日帰国を検討中です。28日〜30日は、マリタイム・ミュージアムでのシンポジウム、後半はライドン氏自らのガイドによる小谷家ゆかりのポイントロボス州立保護区訪問、カーメルでのショッピング、モントレーベイ水族館訪問、などなど、みどころたくさんの魅力的なツアーになる予定です。
御興味がおありの方は、ツアーについてのメールマガジンを発行する予定ですので、griffin@awa.or.jpまでお気軽にお申し込みください。
もちろんこのサイトも逐次アップデートいたしますので、こちらでも最新情報を御覧いただけます。
e0093807_005687.jpg

虹のかけ橋 アワビとウミホタルがつなぐ日米交流

e0093807_0181412.jpg虹のかけ橋実行委員会の主催により、南房総で、太平洋を越えたあわびダイバーたちについての本格的なシンポジウムが始めて開催されました。地元の人たちにもあまり知られていなかった歴史的事実が、アメリカの大学教授、サンディ・ライドン氏によって紹介されたあと、教授と千葉県知事堂本暁子氏との対談では、第二次世界大戦によっていちど断たれた両地域の交流の再開を確認するという、歴史にのこるイベントとなりました(写真:堂本暁子千葉県知事(左)、カブリオ大学名誉教授サンディ・ライドン(右))。この日には、ライドン氏率いるモントレーからの一行40名をはじめ、日本側に残ったあわびダイバーたちの子孫のみなさんも数多く参加、太平洋を越えた家族の話に思いを馳せました。

千葉県の以下のサイトでは動画で当イベントが紹介されています。
http://www.pref.chiba.jp/stream/topics.html
イベントを共催したNPO法人 南房総文化財・戦跡保存活用フォーラムはこちらです。
http://www.internet-ex.com/npo/press/index.html

資料集:「太平洋にかかる橋」

9月3日のイベント「虹のかけ橋」にあわせて編集された資料集『太平洋にかかる橋』〜アワビがむすぶ南房総・モントレー民間交流史〜の御案内です。
e0093807_2325525.jpg
NPO法人 南房総文化財・戦跡保存活用フォーラムが発行元となり、地元の歴史研究者、関係者が休日を返上して編集・制作にあたりました。編集委員サンディ・ライドン、翻訳監修を務めた溝口、編集代表を務めた三橋は、オーシャンクイーン・プランニングのスタッフです。100年前に海を渡ったあわびダイバーたちの足跡を日英バイリンガルでまとめた、初の本格的な資料。写真、図版が多く、詳しい年表も添付され資料としても貴重であるばかりでなく、歴史読み物としてもたいへん読みやすくまとまっています。特筆すべきは日本語、英語併記であること。海外との交流を考慮した編集で、歴史は地域にとどまらず、世界の歴史とつながっていることを感じさせてくれます。地元の歴史を英語を通して読めば、新しい視野が広がるかもしれません。
NPO法人 南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム、英会話クラブサビーネ、他で一部600円で頒布中です。
問い合わせ先:
npo@internet-ex.com

モントレー御一行様 南房総を満喫

9月2日から18日まで、モントレーよりサンディさん率いる一行40名が南房総を訪れました。18日間の日程中、前半5日、後半5日、一行は南房総ならではのホスピタリティを満喫しました。
まずは到着翌日の9月3日。この日は終戦後館山湾に米軍が上陸してちょうど60年になることを記念して、当時と同じ時刻に上陸地点を訪問。モントレーの一行、そしてガイドをしてくださったNPOの法人 南房総文化財・戦跡保存活用フォーラムのみなさんが両国民を代表して今後の平和を誓いました。
午後からは南総文化ホールを会場に行われたイベント「虹のかけ橋」に全員が参加、地元住民、あわびダイバーの子孫、歴史研究関係者などと交流を深めました(詳細はこちら)。e0093807_152282.jpg

翌日からはNPOのガイドで安房地方に残る戦争遺跡を訪ねたり、海女さんを訪ねて白浜の海女小屋におじゃましたり(写真)、また千倉町の長性寺を訪ねモントレーへのあわびダイバーの供給に尽力した小谷仲治郎のお墓をお参りしたり、盛り沢山の日程をこなしました。6日に一度東京、関西方面へ出かけたあと、14日に館山を再訪。さらに戦跡、海の博物館として知られた県立安房博物館、日本棚田100選にも選ばれている大山千枚田、地元小学校等を訪問しました。最終日には安房地区最大の祭礼「八幡祭礼(やわたんまっち)」を体験。ユカタを着つけてもらい、勇ましい神輿の揉み合いを見学、ホテルに戻ってからも興奮さめやらぬ様子でした。
多くのツアー参加者が口にした感想は、南房総の人々の暖かいもてなしの心でした。遠方からのお客さまに喜んでもらおうと、多くの方々がお手伝いくださいました。その気持ちが、ツアー参加者のみなさんに一番の思い出を残したようです。