Charms of Minamiboso (8) Nojimazaki Lighthouse

野島崎灯台

Nojimazaki point is located on the southernmost tip of the Boso peninsula, and has been an important marine traffic waypoint for ships coming into Tokyo Bay. Nojimazaki lighthouse is one of the eight western style lighthouses built by the Meiji Government in 1870s. The original lighthouse was destroyed by The Great Kanto Earthquake in 1923, and was replaced by the lighthouse you see today. With a small admission fee, you can go up the stairs for a panoramic view of the Pacific Ocean.

野島崎は房総半島の最南端で、東京湾への海上交通の要所でもあります。野島崎灯台は、明治政府によって1870年代に建てられた8つの洋式灯台のひとつです。現在の灯台は、関東大震災によって倒壊したあとに再建されたもの。入場料を払って階段を登ると、目の前に太平洋が広がりますよ。

Charms of Minamiboso (7) Awa Shrine

安房神社

The legendary origin of Awa Shrine goes back 2,670 years, when the Imbe family from Shikoku landed in the area. It has been the highest ranked shrine in the Awa area for a long time. The stout shrine building with the blue bronze roof and the forest in the backdrop creates a silent but dignified presence. Locals visit here for special shinto occasions, but the place becomes especially busy with visitors during the New Year holidays. In the crisp, fresh air of New Year’s eve, you are sure to feel a bracing atmosphere to see in the New Year.

安房神社の起源は神話時代、忌部一族が四国からやってきてこの地に降り立った、という2670年前にさかのぼります。以来、安房地域での一ノ宮です。青銅色の屋根のどっしりとした社殿と森に囲まれた境内は、静かでおごそかなたたずまい。様々な行事で地元の人たちが訪れますが、中でも年末年始は参拝客でにぎわいます。大晦日の冷気の中、身が引き締まるような雰囲気で新年を迎えることができますよ。

Charms of Minamiboso (6) Komatsu-ji Temple

小松寺

People in Japan love autumn leaves as well as cherry blossoms. Komatsu-ji temple in Chikura-cho, Minamiboso City, is known as the “maple temple” in Minamiboso. Established in the 8th century, it once flourished as a training facility for Buddhist monks. Today’s building is said to be built in around 1855. In late November, this usually quiet temple in the secluded country side becomes busy with visitors, who come to enjoy the autumn colors of maples, gingkos, and other trees in the precinct. Let’s hope that the damage by this year’s typhoons wasn’t too serious at Komatsu-ji.

日本人は春の桜と同じくらい秋の紅葉も大好きです。南房総市千倉町の小松寺は、南房総の「もみじ寺」として知られています。八世紀に創建され、一時は修験道場として栄えたそうです。現在のお寺は1855年頃に再建されたもの。11月下旬、ふだんは静かな人里離れたこのお寺が、境内の紅葉や銀杏の赤や黄色を楽しみにくる大勢の観光客でにぎわいます。今年の台風の被害が少ないといいですね。

【こぼれ話】ふだんは竹林をぬけた山間にひっそりとたたずむ古寺ですが、紅葉の時季には多くの参拝客でにぎわいます。南房総は温暖なため、紅葉に関しては寒い地方に比べると名所が少なく、その分、数少ないスポットに人が集中するのかもしれませんね!チャンスがあったら、ぜひ春先や新緑のしずかな小松寺も訪れてみてください。

Charms of Minamiboso (5) Oyama Terraced Rice Paddies

大山千枚田

Since olden times, Japanese farmers have cultivated any available land for rice. Terraced rice paddies are the result of their continued effort. The ones at Oyama are the closest to Tokyo, and the local residents employed a unique way to conserve the beautiful scenery. Every year, members of the “Tanada Club”, who have fallen in love with the natural beauty, come from the cities to experience rice cultivation. Don’t forget your camera : the fields are breathtakingly beautiful at any time of the year.

日本では長い間、お百姓さんが、耕作が可能な土地をみつけては田んぼとし、お米を作ってきました。棚田はその努力の結果でした。東京から一番近い棚田のある鴨川の大山地区では、ユニークな方法でその存続を可能にしています。棚田の風景に魅了され、自分の手でお米を作りたいという「棚田倶楽部」のメンバーが、都心からやってきてお米作りにたずさわっているのです。カメラを忘れないでくださいね。一年中、どんな季節でもため息がでるほど美しい風景を目にする事ができますよ。

【こぼれ話】 以前、カリフォルニアからのお客様をお連れしました。とても喜んでいただき、次回もぜひあの棚田に行きたい、と、リクエストをいただきました。何度、いつ訪れても、本当に心癒される、日本にいてよかった、と思える場所です。大山のみならず、気がつくと、南房総には、まだあちこちに棚田が見られます。そんな風景が、今後、労働力不足やメガソーラーの開発で、消えていきませんように!

Charms of Minamiboso (4) Yawata Shinto Festival

やわたんまち

Yawata Shrine in Tateyama City has a 1,000 years of history, and its annual festival is the one locals look forward to the most. In the middle of September, food stands line up along the street, crowded with visitors. Ten portable shrines pay a once-a-year visit to this main shrine of the area, and the revelers roll and lift their mikoshi with shouts, showing off how sturdy they can be. Neighboring communities also participate with their gorgeous floats. This is when the usually modest Japanese go wild!

館山市の八幡神社は1000年以上の歴史があり、地元の人たちはその年に一度のお祭りを楽しみにしています。9月中旬、通りには屋台がならび、多くの人でにぎわいます。10基の御神輿がこの総社に集まり、担ぎ手たちは神輿をもんで勇壮さを競い合います。地域の山車も参加してお祭りを彩ります。ふだんはおとなしい日本人が羽目を外すひと時なのです。

【こぼれ場】
地元の人たちにとっては、いわずとしれた、地区一番のお祭り、「やわたんまち」。御神輿がお帰りになる二日目の夕方のクライマックスは、いつもワクワクします。東京神田・三社祭の御神輿は「ソイヤ、ソイヤ!」というかけ声で有名ですが、こちらは担ぎ棒が井の字に組まれた四本なので、どちらかというと御神輿は安定したまま、ソロソロと担がれていきます。これに対し、安房の御神輿には、担ぎ棒は二の字の二本しかありません。ということは、担ぐ時に安定しない分、機敏な動きが可能なんですね。海育ちの男衆に担がれた八幡に集まる御神輿の勇壮な「モミ、サシ」は、もしかして天下一品なのでは!?